盗聴調査をしてもらうメリットについて

>

盗聴器を探す方法は盗聴調査だけ?

盗聴調査を専門業者に依頼する

なんといっても盗聴調査を専門の業者に依頼するのが一番いいのではないでしょうか。
盗聴されていることを疑って盗聴器を探したとしても必ず見つけられるとは限りません。
素人には見つけることが困難な場所に仕掛けているかもしれません。
または見つけることが困難な盗聴器もあるかもしれません。
と言うのは、もしも盗聴器の電源が強制的にオフになってしまっているものだと普通の盗聴器の探知機だと見つけられないという場合が多いのです。
しかし業者ならそんな盗聴器も見つけることが可能なのです。
電源がオフになっているものを逆に強制的にオンにすることも可能なのです。
自分では見つけにくいものと簡単に見つけてくれるのです。
これなら部屋にまだ盗聴器があるのではないかという不安からも解消されるのではないでしょうか。

自分で探す方法

まずは盗聴器が仕掛けられていそうな場所を徹底的に探してみます。
自分で買った覚えのない電源タップがコンセントに刺さっていたり、プレゼントでもらったものなどは注意が必要かと思います。
まさかこんな中にはないだろうと思う場所にも仕掛けられている場合があるのです。

それでもどうしても見つけられない場所に仕掛けられている場合もあります。
仕掛ける側も簡単には見つからないような場所に仕掛けているものです。
そんな時は盗聴器を見つける機械を自分で用意するのがいいかと思います。
あくまでも簡易的なものが多いですが、盗聴器を見つける機械は簡単に手に入れることが出来ます。
盗聴されているかもと思ったら購入するのもいいですし、今後のためにも心配な人は一つ自分で持っておくのもいいかもしれません。
しかし注意が必要なのは、あくまでも簡易的なものです。
本格的に探すにはやはり自分でやるには難しいでしょう。


この記事をシェアする